矯正歯科の持つ意義とは

矯正歯科では主に不正咬合(悪い歯並び)や額変形症などを治療します。ワイヤーなどで矯正し歯を正常な位置に戻す、または上あご下あごの形態を変化させることで、口腔機能を回復させたり審美性を高めたりします。 歯並びが悪いと見た目が気になるほか、隅々まで歯磨きしにくいことで虫歯や歯周病の原因になりやすく、他の疾患も引き起こしかねないと言われています。こうした病気の予防の意味でも、矯正歯科のもつ意義は大きいものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の抜歯と出血について All rights reserved