歯科での抜糸の手順について

歯科で抜糸といえば、親知らずを抜く時に経験された方がほとんどだと思いますが、念のため手順について説明させていただきます。まず、レントゲンで親知らずの状態を確認します。そして、麻酔をしていきます。麻酔が効きますと、手術に入ります。ドリルで削る場合が多いのですが、麻酔が効いてると痛みもあんまりないので大丈夫だと思います。そして親知らずを抜いて縫合になります。手術が終わっても痛みはありますので、痛み止めは処方してもらえると思います。後日、状態をみて抜糸となります。歯科での簡単な手順を説明させていただきましたが、あくまでも一例です。

素材によっては抜糸が必要ない

歯科で親知らずを抜いた場合、傷口を糸で縫合して治りを早くしたり、雑菌に感染するのを防ぐことがあります。口の中は粘膜なので皮膚より柔らかく、しっかり縫うと粘膜が傷ついてしまいます。そのため、歯茎を傷つけないよう緩く縫合します。傷口が気になって舌で触れしまうと、縫った糸が取れてしまうことがありますので、その場合は歯科に連絡して再び縫合してもらいましょう。縫合の際に使う糸の中には、時間の経過と共に人体に自然に吸収される素材を利用しているものもあります。そのような糸を使った場合、抜糸する必要はありません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の抜歯と出血について All rights reserved