歯科にて抜糸をするときの期間

歯科にて親知らずなどの治療で抜歯をすると、その周りの歯茎などを糸で縫うことがあります。より早く回復するために必要な行為です。一週間くらいの期間のあとに、抜糸をしてもらいにまた歯科にいきます。人によっては癒着などの影響で一週間以上の期間を必要とする場合もあります。親知らずは生え方が人によってさまざまです。完全に埋もれていたり、一部だけが生えていたり、斜めに生えて横の歯にもたれているものなどがあります。生え方によって抜くのは大変ですが、虫歯になってしまうと大変なので、事前に抜くことがお薦めです。若いうちのほうが回復が早いです。

抜糸が必要な糸を使用する理由

インプラントの埋め込み手術や親知らずの抜歯、また歯周病治療で歯茎の切開を行った場合、縫合処置を行います。一般的に歯医者さんでは溶ける糸は使用しません。溶けないタイプの黒い糸を使います。糸の色が黒いのは細かく縫う必要があるので縫合や抜糸の際に便利だからです。溶ける糸よりも溶けないとは細いので傷跡が残りにくいと言う点もあります。歯科ではインプラントの処置後、洗浄や消毒のために歯科医院を再診してもらう必要があるため、溶けて抜糸する必要がない糸にするメリットが薄いことも溶ける糸を使わない理由の一つです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の抜歯と出血について All rights reserved