出血の少ない抜糸をする歯科

虫歯の治療では、抜糸をすることがあります。とても痛いというイメージがありますが、痛みの少ない抜糸技術を持っている歯科医院があります。まずは、どのような治療を行っていくのかを歯科医師に相談してみましょう。そのときに、痛みの少ない治療をしてくれるように依頼してみるのです。そうすれば、最大限、あなたの治療に対する要望を聞いてくれることでしょう。出血が少なくなることもあり、患者の負担軽減にもつながっていきます。技術の発達した医院を利用することで、ストレスを感じることなく虫歯などの疾患を治すことができるのです。

歯科で行う抜糸の意味とは

歯科で親知らずを抜いたり、インプラント治療や歯ぐきの切開を行ったあとなど、傷口を糸で縫合して細菌感染を防いだり治るのを早めたりします。傷口が塞がった後、縫合に使用した糸を抜き取る行為を抜糸と言います。口の中は限られたスペースしかないため、歯科治療の中でも高い技術が必要となります。縫合に使用した糸を取り除く作業は縫合より簡単に見えますが、感染症予防などのためにも慎重な作業を求められます。近年では麻酔技術が向上しているのに加え、病院でも患者に余計な痛みや負担を与えないよう積極的に麻酔を使用するので、痛みはほとんど感じません。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科の抜歯と出血について All rights reserved